シャッター商店街の解消を図る。関連法の改正。

0





    政府は、空き店舗が並ぶ「シャッター商店街」の解消を図るため、早ければ年度内にも「中心市街地活性化特区(仮名)」を設立する方向で、関連法の改正を行う。

    27日に開く産業構造審議会(経済産業省の諮問機関)にて全国5〜10程度の特区を指定する見込み。

    町おこしのイベントが行いやすいように道路使用許可の簡素化や、空き店舗を貸出した場合の税制の優遇などを盛り込んで、後継者のいないお店や、業績不振で閉店して空き店舗になってしまった「シャッター街」を復活させようとする考え。

    地方自治体が設立した公益法人が、空き店舗等の仲介をし、店舗の有効利用を図る仕組みを整えたり、大型ショッピングセンターなどに対しても地元の協議会に参加して地域貢献するよう求める方向でいる。


    特区とは? 「構造改革特別区域」の略


    構造改革特別区域法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H14/H14HO189.html

    (定義)
    第二条 この法律において「構造改革特別区域」とは、地方公共団体が当該地域の活性化を図るために自発的に設定する区域であって、当該地域の特性に応じた特定事業を実施し又はその実施を促進するものをいう。

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM