行政行為の附款

0
    行政行為の附款について

    附款とは、行政庁の主たる意思表示に付加される、従たる意思表示である。

    附款は、行政庁に裁量権を与えている法律行為的行政行為にのみ付することができ、準法律行為的行政行為には付することができない。

    条件・期限・負担・撤回権の留保・法律の一部除外がある。


    ?条件とは、将来発生する不確実な事実にかからせる意思表示であり、停止条件と解除条件がある。

    ア)停止条件とは、条件の成就(じょうじゅ)によって行政行為の効果が発生する意思表示で、「安全地帯を設置すれば、道路の占用を許可する」場合等があげられる。

    イ)解除条件とは、行政行為の効果が条件の成就まで存続する意思表示で、「橋が完成するまで道路の通行を禁止し、完成したら通行禁止を解除する」場合等があげられる。


    ?期限とは、将来発生する確実な事実にかからせられる意思表示であり、確定期限と不確定期限がある。

    ア)確定期限とは、期限の到来により行政行為の効果が発生する「始期」および効果が期限の到来まで存続する「終期」とがある。「○月○日〜○月○日まで道路通行を許可する」等

    イ)不確定期限とは、いつ発生するかはわからないが発生することは確実であるという意思表示であり、「橋が完成した時から、道路の通行を許可する」という場合等がある。

    ?負担とは、相手方に特別な法令義務以外の義務を命じる意思表示であり、作為義務と不作為義務とがある。不作為義務の場合は、「〜してはならない」・作為義務の場合は「〜しなければならない」。「自動車を運転するのを許可するかわりに眼鏡を使用しなくてはならない」「道路の占有を許可するが、安全地帯を設置しなければならない」等の場合がある。

    条件と負担は似ているが負担は、条件や期限と異なり、それだけでは効力の発生を生じない。負担の履行が効力発生要件にはならず、負担の不履行が直ちに許可等の効力が失われることはない。(撤回の理由にはなりうる)

    ?撤回権の留保(取消権の留保ともいう)とは、撤回する可能性を予告しておくことにより、遵守事項を示しておくという意思表示である。違法な行為、善良な風俗を害する行為により一度与えた営業許可を撤回するなどの場合があたる。

    ?法律効果の一部除外とは、法令が行政行為に付した効果の一部を発生させないこととする意思表示である。一部にせよ法律に反するわけだから法律による明文の根拠が必要になる。公務員に出張を命じた際に法定旅費を支給しないとする場合、本来であれば支給していたものを一部除外して「国家公務員等の旅費に関する法律に基づいて支給しないとする。」や、「自動車道事業の免許は、道路運送法に基づいて、通行する自動車の範囲を限定して行うことができる。」等がこれにあたる。


    附款の瑕疵
    附款に瑕疵がある行政行為は、附款の内容が行政行為の効果発生の重要な要素を占めている場合で、附款と行政行為が不加分一体というようなものであれば、行政行為全体が瑕疵にあたるとされ違法な行政行為として取消訴訟の対象となりうる。

    附款に瑕疵があっても、附款の内容が行政行為の重要な要素を占めていないような「負担」の場合等は、附款のみを取消しの対象として取消させた場合は、附款のない行政行為とみなされる。



    法定附款
    行政行為の効果が法律で直接期限などが定められている場合、これを「法定附款」といい、行政行為の附款とは区別される。国家公務員法第59条地方公務員法第22条に定められる条件附任用期間や、道路交通法第92条の2に定められた自動車運転免許の有効期限。等

    国家公務員法 第59条 (条件附任用期間) 
    一般職に属するすべての官職に対する職員の採用又は昇任は、すべて条件附のものとし、その職員が、その官職において六月を下らない期間を勤務し、その間その職務を良好な成績で遂行したときに、正式のものとなるものとする。

    地方公務員法 第22条 (条件附採用及び臨時的任用) 
    臨時的任用又は非常勤職員の任用の場合を除き、職員の採用は、すべて条件附のものとし、その職員がその職において六月を勤務し、その間その職務を良好な成績で遂行したときに正式採用になるものとする。この場合において、人事委員会は、条件附採用の期間を一年に至るまで延長することができる。

    道路交通法 第92条の2 (免許証の有効期間)
    第一種免許及び第二種免許に係る免許証(第百七条第二項の規定により交付された免許証を除く。以下この項において同じ。)の有効期間は、次の表の上欄に掲げる区分ごとに、それぞれ、同表の中欄に掲げる年齢に応じ、同表の下欄に定める日が経過するまでの期間とする。

    ・優良運転者及び一般運転者=七十歳未満|満了日等の後のその者の五回目の誕生日から起算して一月を経過する日。
                =七十歳|満了日等の後のその者の四回目の誕生日から起算して一月を経過する日。
                =七十一歳以上|満了日等の後のその者の三回目の誕生日から起算して一月を経過する日。

    ・違反運転者等=満了日等の後のその者の三回目の誕生日から起算して一月を経過する日。



    2012.8.12 修正

    コメント
    免許証の有効期限は法定附款の「期限」にあたりますので、行政行為の附款ではないのでは。
    • 通りすがりです
    • 2012/07/24 1:14 PM
    ご指摘ありがとうございます。記事の修正をいたしました。
    • 管理人
    • 2012/08/13 12:06 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM