尊属殺重罰規定違憲判決

0
    法の下の平等

    憲法第14条
    すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
    ○2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
    ○3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

    判例

    尊属殺重罰規定違憲判決(最判昭48年4月4日)

    尊属殺法定刑違憲事件-Wikipedia

    昭和45(あ)1310 尊属殺人 判例全文

    旧刑法200条

    ”自己又ハ配偶者ノ直系尊属ヲ殺シタル者ハ死刑又ハ無期懲役ニ処ス”

    判決 違憲とされた。

    子が親を殺めるのという行為自体を普通殺人より厳しく罰することは違憲とは言えないが、死刑か無期懲役しかないということに対して違憲であると判断。

    刑法200条 平成7年改正 削除

    << | 2/2PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM